人気の老人ホーム 検索サイト【ホームログ】

介護施設のことが分かる完全お役立ちガイド!

介護老人福祉施設とは

【特徴】老人福祉法に基づく「特別養護老人ホーム」のことですが、介護保険法による「介護老人福祉施設」と2枚の看板を掲げています。種類は、従来型個室、多床室、ユニット型個室の3タイプです。近年は、施設というより生活の場であるユニット型の「新型特養」 しか建設されていません。

【対象者】介護保険上は要介護1以上であれば入所できますが、待機者の数が多くてなかなか順番がきません。
一方の「特養」は保護が必要な人を行政が措置で入所させる受け皿です。結果的に重度の人が優先的に入所していて、看取りにも積極的です。

介護老人保健施設とは

【特徴】老人病院での治療や機能回復 訓練後に、スムーズに生活に移行できるよう、リハビリテーションを行う入所施設です。

【対象者】要介護1~5の人。胃壊や酸素吸入など、医療的管理の必要な人も利用できます。ただし、入院すると退所になります。

療養型病床群とは

【特徴】一つの病院の中に介護保険べッドと医療保険ベッドがあり、医師の判断で使い分けることができます。この中の介護保険型 の療養病床は一時廃止が決まりました。

【対象者】長期の療養が必要な人が、医療的な管理のもとで、介護や機能訓練などのサービスを受けられます。

有料老人ホームとは

【特徴】民間企業や社会福祉法人などが経営し、「介護付」「住宅型」「健康型」の3タイプがあります。利用者に1人でも介護サービスを提供していれば有料老人ホームに該当するので、市区町村への届け出が必要です。

【対象者】入居に必要な経済的条件を満たす高齢者です。ただし「健康型」は介護が必要になれば退居しなければなりません。

グループホームとは

【特徴】正式名は「認知症対応型共同 生活介護」です。認知症の高齢者が5~9人で共同生活をする施設で、地域密着型に分類されます。

【対象者】所在地の市区町村に住む要支援2と要介護1~5までの高齢者です。

小規模多機能型居宅介護とは

【特徴】通所を中心に訪問と泊まりの サービスを組み合わせた地域密着型のサービスです。

【対象者】その市区町村に住む要支援1以上の高 齢者で、在宅生活が維持できなければなりませ ん。一つの事業所に登録できるのは25人以下、 通いの利用者は1日15人以下で泊まりは9人以下です。

「宅老所」とは

【特徴】民家など生活感あふれる建物を使用して、少人数のデイサービスを行い、ところによっては宿泊も行う多機能施設です。

【対象者】介護保険外のサービスなので、利用者との契約により利用ができます。自主事業なので高齢者に限らず、障害者や児童まで対象にしているところもあります。