人気の老人ホーム 検索サイト【ホームログ】

介護保険を利用する為に基本情報とポイント!

介護保険を使える条件を理解しよう

介護保険は、誰でも使えるわけではありません。まず、介護保険を使える条件を理解しましょう。

【条件】
①65歳以上の第1号被保険者であること 2要介護1~5、または要支援1、2と認定 されること

【条件】
①40~64歳の第2号被保険者であること
②特定疾病(老化に伴う病気やケガによって介護が必要と認められること
③要介護1~5、または要支援1、2と認定されること

大切な3つの「ケ」を忘れないこと

介護度の認定が出たら、居宅介護支援事業所を選んでケアマネジャーと契約します。次に、介護サービスを受ける計画書である「ケアプラン」を、納得いくようにケアマネジャーに作ってもらいます(自分で作る人もいます)。次に、そのケアプランを実施してくれるサービス事業者 を選んで契約します。

介護保険を利用するとき大事な事

ケアマネジャー・ケアプラン・契約の3つ!

申請から利用までの流れを知ろう

介護保険は、申請して認定を受けなければ使えません。要介護1~5の認定が下りた場合を例に、最初の申請からサービス開始までの流れをまとめました。

介護保険利用の段取り

①申請

介護サービスは、申請をして 要介護認定を受けなければ利 用できません。

②訪問調査

訪問調査員が自宅などを訪問し、心身の状況について聞き取り調査を行います

③審査・判定

コンピュータによる一次判定、の審査・判定専門家による介護認定審査会での二次判定を行います

認定の通知

申請から1カ月以内に認定 結果と介護度が記載された 保険証が届きます。

居宅介護支援事業所(ケアマネ事務所)を選ぶ

※要介護1~5の人。市区町村の窓口に居宅介護支援事業所あるリストの中などから、ケアマネジメント事務所を選びます。

ケアプランを作成

ケアマネジャーと一緒に、ケアプランを作ります

サービス開始

ケアプランに基づくさまざまな介護サービスを利用することができます。

要支援の窓口は地域包括支援センター

前のページでは、要介護1~5になった人 の流れを説明しました。ここでは要支援になった人の流れを見てみます。

介護予防サービスの流れ

認定の通知

要支援1、要支援2と記載された保険証が届きます。

地域包括支援センターへ

指定された地域包括支援センターに連絡を入れ、面接日を決めます。

ケアプランを作成する

地域包括支援センターの保健師などが介護予防ケアプランを作り、サービス事業者と話し合ってサービス内容を決めていきます。

サービス開始

介護予防サービスが受けられます(一定期間ごとに効果を評価)。

認定に不服がある場合

もしも認定結果に不服があれば、市区町村の担当窓口に問い合わせて説明を受けましょう。 主治医意見書を依頼した医師に相談してみる方法もあります。

市区町村の担当窓口が対応してくれない場合は、都道府県ごとに設置されている介護保険審査会に審査請求を求めることができます(認定通知を受け取ってから60日以内でなければなりません)。

要支援と要介護のサービスはこう違う

ここで示した要支援の制限(△や×)は、要 介護1~5であればどれも〇になる(やっても らえる)ものばかりです。

ホームヘルプ

1カ月に使えるサービス利用の制限があります。介護タクシーは使えません。

デイサービス、デイケア

定額制で、回数が制限されます。デイサービスとデイケアの併用はできません。

福祉用具

原則として車いすやベッドなどのレンタルはできません。

施設

特養、老健、療養病床の利用はできません。

地域密着型

一部に使えないサービスがあります。

介護度別の心身の目安を覚えよう

【要支援1】
日常生活はほぼ自分で行えるが、要介護状
態にならないように何らかの支援が必要

【要支援2】
要支援1より基本的な日常動作を行う能力 がわずかに低下し、何らかの支援が必要

【要介護1】
基本的な日常動作や身の回りの世話などに 一部介助が必要

【要介護2】
食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着脱など
に一部または多くの介助が必要

【要介護3】
食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着脱などに多くの介助が必要

【要介護4】
食事や排泄、入浴、洗話、衣服の着脱など
に全面的な介助が必要

【要介護5】
日常生活や身の回りの世話全般にわたって全面的な介助が必要